新年度開講

今週から新しい学年での授業がスタートしました。
気持ちも新たになりますし、緊張もします。

というのも新しいクラスというのは、最初にどうスタートするかでクラスの一年間の雰囲気が決まってしまうからです。
今私の受け持っているクラスは小4から小6までですが、この中で一番緊張するのは4年生です。小5や小6はもう一年以上やって来たクラスの持ち上がりなので、ある程度クラスの形は出来ている。小4は初めて編成されるクラスです。ここで上手く持っていけるかどうかで小学校卒業までのクラスの出来が決まってしまう。重要です。
クラスで勉強する以上、勉強するのはそれぞれの子供だといっても周りの子供の影響をかなり受けます。だからクラスの雰囲気はとても大切なのです。
勉強で頑張っている子が敬遠されない雰囲気、みんなで頑張っていく雰囲気、自分の実力が上がっていくことを楽しめる雰囲気。こういうものをきちんと作っていけば、一人では出来ない努力を辛く感じずに続けることが出来ます。そうすれば全員が実力つけていくことが出来るのです。

何かの縁があって私たちの塾に来てくれた子供たちです。
一人残らず「塾に来て良かった」と思えるようにしてあげたい。
その為には最初が肝心です。
しっかり、良い雰囲気をつくっていこうと思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-03-03 12:18 | 塾の仕事を通じて
<< 巴(ともえ) 素質と環境2 >>