成績を上げるには…。

私ももう10年近く塾講師の仕事をしているのですが、
本当に頭の悪い子というのはめったにいないのです。

子供の成績を左右するのは、その子供にやる気があるかないか。
この1点に尽きると思います。

昔、山陽女学園のセミナーで、京都の大手塾「成基学園」の塾長が
「もともと子供は放っておいても勉強をするものだ」といわれていましたが、
私もそうだと思うのです。

だとしたら、やる気のない子がいるのはなぜ?
と、考えるとやはり周りの大人が勉強を強いるからなのでしょうか?
今の世の中に勉強以上に子供を楽しませるものがたくさんあるからでしょうか?

どちらにせよ、子供から見て、勉強をすることが「辛くて苦しいもの」になっているのでしょうね。

最近、どうしても子供に力をつけて欲しいという思いが強くて、今まで以上に、生徒を叱りつけることが多くなってきています。それはかえって逆効果なのかもしれません。

どうしたら、生徒はやる気になってくれるのでしょう?
こればかりは、何度考えても結論が出ません。
この仕事を続ける限り、何度も考える永遠の課題だと思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2005-12-15 01:28 | 塾の仕事を通じて
<< 姉歯元建築士 野球つく3に今更はまっています。 >>