情けない…。恥ずかしい…。

今日、私の勤務する塾では生徒の皆さんに先日の京都の塾での事件に対しての私たちの塾の見解を文書で配りました。塾として子供たちを全力で指導するということを示すため職員の書名・捺印も入れました。

当然私たちの塾ではそのようなことはするわけがないし、起こりえないとは思うのですが、当たり前だとだけ考えているわけには行かないので、保護者の方に文書で考えを伝えねばということなのです。

塾長が判断したことですが、私もこれは正しいと思います。
ですが、私は、生徒数ぶんのプリントに一枚一枚判を押しながら、恥ずかしいし、情けないという気持ちがして仕方がありませんでした。

恥ずかしいというのは、「人を殺さない」というような世界中どこへ行っても、当然極まりないことを文書にして配付しなければいけないような事件が、私たちの塾業界で起こってしまったということについてです。

私自身も根っからの善人と自分自身で思っているわけではありません。生活していれば腹も立つこともありし、嫌いな人間もいるし、世の中からいなくなればいいと思う人間もいる。でも、それって生きていたら普通じゃないのでしょうか?
だからといって、生きている人間を殺そうと計画したり、実行しようと考えたりしたことはないのです。まして、相手が子供ならなおさらのことです。

私は今回の事件の容疑者の気持ちが理解できません。
なぜこんなことをしてしまったのか、容疑者自身は理解できているのでしょうか?

ここしばらく日本の各地で子供が、特に小学生の女児が被害にあう事件が絶えません。
「今の子供たちは…。」と今の子供たちの非常識さを云々することもありますが、それ以前に大人の責任は重大です

今日、いつも遅刻ギリギリに塾に来る子が、とても早く塾に来ました。
「今日は早いね。どうしたの?」って聞いたら、
「今日は集団下校だったから、学校が早く終わった。」といいます。
よく話を聞いてみると、近くで包丁を振り回す男がいたと警察に通報があり、それで近隣の数ヶ所の小学校で集団下校が行われたというのです。

先日は広島の矢野町で事件があったばかりなのにと、うんざりしていると
別の生徒が「でも、これって嘘かもしれないんだよ。」と言う。
その子が言うには先日も似たような通報があって、その時は通報者の狂言だったのだそうです。

子供を殺す人間がいれば、この事件を面白がって悪質ないたずらをする人間がいる。
どちらも大人なのです。

こんな世の中で問題を起こす子供たちが出てくるのは無理もないと思います。
全ての子供がそうではないにしてもです。

こんな世の中を作ったのは私たち大人なのです。
見て見ぬふりをして、何もしていない私たちも共犯かもしれません。

そう思うとやはり恥ずかしいし、情けないと思うのです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2005-12-21 00:13 | 塾の仕事を通じて
<< 雪……、バイクで転倒。 雪・雪・雪 >>