授業中に虫がいるともうそれだけで授業にならないのです。
かまれたらすごく痛く体も大きな犬や猫を怖がる子は少ないのに、虫はほぼ例外なく怖がる。なぜなんでしょう? びっくりするのはわかるんだけど…騒ぎすぎ。
自分は子供の頃から、山で虫を捕ったりするのが普通だったので、子供たちの怖がりようが尋常ではないとも思えるのです。

結局教卓に飛んできて止まったところを私が、プリントを丸めて「バシンッ」とやって、終わったのですが…。今度は非難の嵐。
「殺すなんてかわいそう。逃がしてやればいいのに…。」という声が殺到してきて、こっちも困る。さっきまで「先生、早く何とかして。」と言っていた子もいるのに…。
勝手なものだと思うのだけれど、子供はそういうものですよね。
まあ、「怒っても仕方ない」と我慢です。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2005-11-23 22:25 | 塾の仕事を通じて
<< 小1児童殺害事件。 耐震データ偽造問題 >>