「自分に問題がある」と思うこと。

先日の記事で、
「出来ない子は出来ないことを自分以外の理由があることにする」
というようなことを書きました。

いつも思うことなのですが、
自分が何か出来ないことがあったとして、
それが自分にはどうしようもないことが原因だったら、
もうどうしようもないですよね。
私はそう思うのが嫌なんです。

私の仕事の場合、
例えば思うように授業が行かないとして
それを「生徒が集中してないからだ」とか
「生徒の力が低いからだ」と考えたら、
もうどうしようもないのです。

仮に「何を教えても絶対に身に付かない子」がいたとして、
そういう子だったら「子供が原因だ」といってもいいのかもしれませんが、
これまで教えてきて、そういう子には会ったことがありません。
以前も書きましたが、大半の子は「頑張ってない」から出来ないのだと思うのです。
「頑張っていない子供」にも原因はあるかもしれませんが、
「頑張らせていない自分」にも問題があるのです。

私は、自分が「子供が駄目だからできない」と考えてしまうのが怖いのです。
そう考えたら、
「いま自分が教えている子どもたちはどうやっても力が伸びない。」
ということになるからです。
何をやっても不手くいかない、成績も伸びない。
そんな状態で自分がこの仕事を続けていくとしたら、
そのことがとても怖いのです。

「子供のため」というのもあるのですが、
同じくらい「自分のため」に充実した仕事がしたいと思うのです。
そのためには、自分の指導が子どもたちに効果があると思いたいし、
そのために努力をしていきたい。
どんな仕事でも同じだと思うのですが、
「自分がやっている仕事に意味がない。」と考えるのは
やはりつらいと思うのです。

「子供の力が伸びないのは自分が原因」
そう考える方が前向きだと思うのです。
自分が頑張ればどうにかなるわけですから。
自分が弱い人間だからだと思うのですが、
「他力本願」な状態になるのが怖いのです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-06-10 22:13 | 塾の仕事を通じて
<< 「勝ち」をめざすこと 「祈る」ということ >>