巡り合わせ

この数日間で広島地区の中学入試の日程が出そろいました。
広島地区(広島市近郊)では、各学校の申し合わせで、
それぞれの学校の受験日を決めているので
毎年そんなに極端に日程が変わることはありません。
が、今年は結構困ったことになってしまったのです。

男子については例年通りで特に問題はないのですが、
女子の方が問題なのです。
というのも、あまりこういう表現は好きではないのですが
いわゆる「本命」の学校と「すべり止め」の学校の受験日が同じで
両方を受験することが出来なくなっているのです。
一か八か「本命」の学校を受験すると、全部落ちてしまうことになりかねないし、
「本命」の学校を受験しないと、「今まで何のために頑張ってきたのか?」と
子どもたちもがっかりすると思うのです。
私も塾長も、ボーダーラインにいるような子にはどう勧めたらいいかと悩んでいます。

毎年同じなのですが、同じように努力して、同じくらい力のある子どもたちが
受験する学校の選び方だけで、大きく結果が変わってしまうということがあります。
私たちの塾は基本的に「この学校を受験しなさい」というような指導はしない方針です。
もちろん、それぞれの学校への「合格可能性」などの話はしますが、
最終的には子どもたちと保護者の方で受験校を決めていただくようになります。
でも今回のような状態では「やはり少しくらいは助言した方がいいのだろうか?」と悩みます。

こう考えると、
どんなに頑張っていてもその成果が「運」に左右されることもあるのだな
と改めて感じます。

実力がないと良い結果を出すことは出来ないけれど、
実力があっても良い結果を出せない場合もある。
むしろ、こちらの方が多いような気もします。

自分の一生の転機が自分以外の要因で決まってしまうのは
なんだか納得行かない気もしますが、
今までの自分の人生を考えてみるとそれが普通だし当たり前のように思えてきました。

今思えば、私の人生の転機というのはほぼ例外なく他人から告げられてきたように思います。
同じように、私が他人に人生の転機を告げたこともあります。
そんな風に、人生の転機というのはお互いにまわりの人間に告げあうものなのかなと感じます。

今回の入試の日程は先日文書で保護者の方に配布しました。
日程を見て、悩まれる方もおられると思います。
子供の一生の転機ですから当然です。

ただ、自分の力でどうにもならないことはどうにもならないのです。
どう頑張っても試験の日程を変えることはできません。
だからとにかく、しっかり考えて納得できる結論を出すしかない。
そう、保護者の方にはお話ししたいと思います。

私自身の経験からいっても、
大学受験では第一志望の大学には合格できませんでしたが、
第二志望の大学に行って今は本当に良かったと思っています。

「人間万事塞翁が馬」といいます。
どんなことが自分にとって本当にいいことなのかは
後にならないとわからないわけですから…。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-06-26 00:48 | 塾の仕事を通じて
<< 年金ってホントに大丈夫? 奈良の放火殺人事件について >>