サウンドマリーナ2006

昨日、広島の夏の野外音楽フェスサウンドマリーナ2006に妻と行ってきました。

広島港近郊の特設会場での開催で、付近が交通規制で一切交通機関が使えないため
ほとんどの人が広島港から徒歩で会場へ。
広島港近くに住む私たちも自宅から歩いて会場に行きましたが、かなり時間がかかりました。午後3時半開演ということで、1時間前に出発したのですが、結局開演ギリギリになってやっと会場入り出来ました。
昨日まで九州で猛威を振るっていた台風の影響で、
今回のイベントは開催が危ぶまれたのですが、
空は何とか持ちそうながら、
泥と水たまりで地面はぐちゃぐちゃ、
ぬかるんだ地面にシートを敷いて開演を待ちました。

6アーチストで計6時間。
さすがに昔のように若くは無いので
休み休み参加しましたが、とても素晴らしかったです。
野外であそこまできれいに音が聞こえてくるとは意外でした。

私は以前の記事でも紹介したコブクロ目当てで来たのですが、
他のアーチストも素晴らしかったです。
やっぱり「歌が上手い」というのは物凄い才能だなと感じました。
コブクロは勿論、ゴスペラーズも他のアーチストもとても良かったです。

でも一番衝撃だったのは「アンジェラ・アキ」という女性シンガーです。
全然名前を知らなかったので、全く期待していなかったのですが。
とにかく圧倒的な歌唱力と染みこんでくる歌声に
私の周りの人たちも私も
手拍子も歓声も忘れて、ただただ聞き入ってしまいました。
私の前に立っていた女性は感極まって涙ぐんでいました。
でも、気持ちは十分分かりました。私も自分一人ならそうだったかもしれません。
自分の歌とグランドピアノだけで、
約2万人の観客をここまで湧かせる人がいるんんだなあと感激しきりです。
一昨日の金曜日には札幌の「ライジングサン・フェスティバル」に出演したそうですが、きっと札幌でも沸き返ったでしょうね。本当に素晴らしいパフォーマンスでした。

CDは確かに音は良いけれど、
生の歌声にはCDには決して込めることの出来ないものがあるんだと実感しました。
やっぱりライブは良いです。

来年もあるそうなので、
「来年も絶対行こう。」と思っている次第です。


[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-08-20 23:04 | 日常の出来事
<< 日本語は後ろが大事 首都圏の大停電について >>