基本性能

私が働く職場では、コピー機をリースしています。
その機械が非常に調子が悪いのです。
業者の方に対処してもらって大分良くなったのですが、
先日最新モデルに切り替わったばかりなので
あまりに不具合が多いのです。

その理由を聞いてみたら電圧の問題だと言われました。
私たちのビルのコンセントの電圧は、
何が原因か分からないけれど95Vくらいしかないのだそうです。
それで原因で不具合が起こっているとのこと。

とはいえ、電圧が低いのは昨日今日始まったことではないはず。
以前置いていたコピー機ではこんな不調はなかったのです。

そのことを聞いてみると
「最新のものは消費電力を抑えたり、省エネルギー化の為に非常にデリケートな作りになっている。だから電圧が足りないなどの状況で不具合が起こりやすい。」とのこと。
それを聞いて、「なんだかどんどん不便になっているんじゃないか」と感じました。
確かに以前より高機能だし、精密できれいなコピーが出来ますが、
それはまず普通にコピー出来てからの話。
安心してコピーが出来ないようでは多機能も意味がありません。
一番大事なのは基本性能のはずです。

ただ、きっと「基本性能が上がった。」というのは宣伝にならないのでしょうね。
それできっと、多機能化など宣伝文句になるようなことばかり性能がよくなっていくのでしょうね。メーカーとしてはやむ終えないのかもしれません。


話は変わりますが、
私は以前塾の生徒に「カレー王子」と呼ばれていたことがあります。
カレーが大好きなのです。
多い時には週3回位店に通っていた時期もあります。
その私がよく通っていた店の中に
「サンマサラ」というカレー専門店がありました。
そのお店は中々上手いカレーを作っていたのですが、
ライバルの店との競争が激しく、
経営は上手くいっていなかったようです。
そこで、しばらくしてから、カレーの他にステーキも扱うようになりました。
その時、私は「これはつぶれるな」と思いました。
カレー専門店なのだから、
カレーそのもので勝負できなくなったら駄目だろうと思ったのです。

案の定、「サンマサラ」は数店あった店舗のほとんどが無くなってしまいました。
今残っているのは私の知る限り、高速道路のPAにあるものだけです。
カレー屋なのだからカレーで頑張らないと駄目なのです。


私たちの仕事でも、やはり基本性能は大切です。
私たちの場合、基本性能は「指導」のはずです。
良い指導をして。生徒達の力をつけ、
それが評判になって新しい生徒が集まる。
そうでありたいと思います。

実際にはそれだけでは生徒は集まりませんから
あれこれ手を替え品を替えていくのですが、
それでも基本性能は大切です。

以前働いていた塾では、
人手が足りないので、
入塾希望の来客などがあると
授業そっちのけで応対していたりしました。
その塾ではそれが当然とされていたのです。
これって本末転倒ですよね。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-09-26 23:14 | 塾の仕事を通じて
<< 努力の方向 選択 >>