明るい兆し

最近の記事は、どうも前向きでない話が多かったのですが
今回少し前向きな話を

やっとというかそろそろ
子供たちの中に「目的意識」が芽生えてきたように感じてきました。
といっても、まだ一部の子どもですが…。

今まではただ「わからない、できない。」というだけだったのが
だんだんと「自分は○○が苦手だからこういうことをやりたい。」などと
かなり具体的にいってきてくれた生徒がいたのが嬉しかったです。

勉強は自分の力をつける為にやる。
これは当たり前だと思うのですが、
やっと自分で考えて何とかしていこうという気持ちの子が出てきた。
いい雰囲気になってきました。

これをクラス全体に広げていきたいです。
最近ちょっと小6の子供たちをどう指導していくか
結構悩んでいたのですが、ちょっと私自身明るい気持ちになってきました。
引き続き頑張ります。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-10-29 23:19 | 塾の仕事を通じて
<< 責任転嫁 保守的 >>