合格発表

昨日で、広島市近郊の入試もほぼ(多少残っていますが)終わりました。

今日からは打って変わって、合格発表です。
私たちの塾では、入試結果をこちらから聞くことはあまりしません。
もちろん、ものすごく知りたいのですが、
連絡のない子については、大抵は少し時間を置いてから聞いてみるようにしています。

今年の入試結果ですが、感想として「だんだん難しくなっている」と感じます。
今年は例年以上に力を持っている子が多く、期待していたのですが、
例年なら合格確実の子が、不合格であったり、補欠合格であったりしています。
おそらく、広大附属中の抽選がなくなった影響が、各私立中で出ていたのではないかと思います。とにかくどこの学校を見ても、これまでより合格者数が少ないのです。
「厳しい」と感じます。

全国的な傾向として、「中学入試」が加熱し、受験者が増えているという報道がありますが、
実際にそれは感じます。

私たちの子供の頃は、「クラスで一人」くらい受験する程度だったと思うのですが、
最近では、多いところで「クラスの半分」が受験するという所もあります。
すでに、中学受験が限られた一部の子どもだけのものではなくなっているのは事実です。

その分、受験で合格していくのが難しくなっているのではないでしょうか?

少子化も進んできて、各学校が限られた「成績のいい子」を奪い合っている現状を感じます。
そのために、国私立中学が要求する内容を必死で勉強する子と公立小の簡単になった今の教科書だけで勉強している子の格差が生まれてきています。

受験をする子どものなかでも格差が出てきています。
国私立中学の中でも、難関校とそうでない学校に大きな差が生まれつつあるように感じます。
今まではそこまで感じなかったのですが、
その学校もが生き残るために、難関校を目指していく、そのためにただ闇雲に成績のいい生徒を求める。そんな印象です。学校の方が、塾以上に学力偏重なのです。
学校というのはただ勉強だけをするところではないはずです。
最近の国私立中学の説明会では「学力」以外の話をほとんど聞きません。
「公教育」を担っている学校がそれでいいのでしょうか?

私は子供たちのために、努力してきたつもりですが、
「本当にそうなのかな?」と疑問も感じてきます。
私自身が、そういう「受験の世界」に子供たちを追いやっているのではないかとも感じるのです。そう思うのはいい気分ではないですが…。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-30 20:50 | 塾の仕事を通じて
<< 親の痛み 受験開始 >>