ライブドア事件の報道について

今回の事件に関しては、マスコミの報道に疑念を感じます。
悪いことは悪いというのは勿論当然で、違法な部分については当然法律に照らして処罰されるべきですが、マスコミの報道の過熱のせいで必要以上にライブドアの株価が下がっているのも事実。
「風説の流布」というのが、容疑の一つになっているようですが、マスコミの報道は「風説」以上に株価や世間の印象に巨大な影響をもたらしています。そのことについてマスコミにいる人々はどう考えているのでしょう?
面白そうな話題があればそれに飛びつき、持ち上げるだけ持ち上げて、つまずいたらとことんまで落とす。ワイドショーならともかく(勿論限度はありますが)、報道というのは事実を的確に伝えるのが最優先なのでは…。
今のニュース番組を見ていると、ワイドショーとどこが違うのかよくわからないときがあります。

今回の事件を起こしたのが、ライブドアよりはるかに知名度の低い会社だったとしたら、ここまで報道するでしょうか?

今、事件についての警察の実名公開の是非について、マスコミが報道の自由を盛んに主張しています。マスコミの言うことはもっともだと感じていますが、実名報道によってマスコミによる「報道被害」にあっている多くの人々がいるのも事実。
その点についてマスコミがどこまで節度をもって活動できるのか、報道機関のモラルを問いたいです。

「表現の自由」を主張するなら、それを濫用しないための具体策を示して欲しいのです。警察が公権力を持っているように、報道機関というのは「情報」という大きな権力を持っているということを自覚していただきたいです。実際には無罪であっても、マスコミが「有罪」と報道すれば、社会的に抹殺されてしまいます。一般人である自分にはそのことが恐ろしいです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-01-25 00:21 | ニュースについて
<< 受験シーズン本番 受験前夜 >>