自分の責任

私たちの塾は毎週日曜日がテストです。
といっても小5と小6だけですが

昨日は小5の社会科のテストが非常に良くなくて
採点しながら落ち込んでしまいました。
昨日のテストはほとんど使用しているテキストそのまんまだったのぇ
一生懸命頑張れば酷い点にはならないはず。

「やる気があるのか!!」と
子ども達を思い切り叱りつけたい心境でしたが、
しばらく考えてみると、
結局子ども達が頑張っていないのも自分のせいだと思わざるを得ません。
子ども達がやる気になるだけの指導をしていなかったということです。
自分自身も反省しつつ
子ども達にも
テスト後に時間を取って
「もっとやれるはずだ。次回はしっかりやろう。」
という趣旨の話をしました。

これでどれだけ頑張ってくれるかはわかりませんが
今のクラスの子ども達には
根っから不真面目な子はいないと思っています。
私の伝えたいことはきちんと伝わったと思います。

塾に来ている以上
子ども達の力の伸ばせなかったら
指導者の責任です。
もちろん全ての子どもの成績を上げることが出来る訳ではないのですが。
でも、少なくとも
今塾に来ている子ども達について
あきらめたくないです。

子どもが駄目だからどうにもならないと思いたくない。
これが本心です。
「自分が頑張れば何とかなる」
そう思わないと自分の全力を尽くせない
そう思いますし、
それが大事なお子さんを預けてくださる保護者の皆様への責任だと思うのです、
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-07-02 13:22
<< 虹の足 万が一 >>