カテゴリ:塾の仕事を通じて( 90 )

合格発表

昨日で、広島市近郊の入試もほぼ(多少残っていますが)終わりました。

今日からは打って変わって、合格発表です。
私たちの塾では、入試結果をこちらから聞くことはあまりしません。
もちろん、ものすごく知りたいのですが、
連絡のない子については、大抵は少し時間を置いてから聞いてみるようにしています。

今年の入試結果ですが、感想として「だんだん難しくなっている」と感じます。
今年は例年以上に力を持っている子が多く、期待していたのですが、
例年なら合格確実の子が、不合格であったり、補欠合格であったりしています。
おそらく、広大附属中の抽選がなくなった影響が、各私立中で出ていたのではないかと思います。とにかくどこの学校を見ても、これまでより合格者数が少ないのです。
「厳しい」と感じます。

全国的な傾向として、「中学入試」が加熱し、受験者が増えているという報道がありますが、
実際にそれは感じます。

私たちの子供の頃は、「クラスで一人」くらい受験する程度だったと思うのですが、
最近では、多いところで「クラスの半分」が受験するという所もあります。
すでに、中学受験が限られた一部の子どもだけのものではなくなっているのは事実です。

その分、受験で合格していくのが難しくなっているのではないでしょうか?

少子化も進んできて、各学校が限られた「成績のいい子」を奪い合っている現状を感じます。
そのために、国私立中学が要求する内容を必死で勉強する子と公立小の簡単になった今の教科書だけで勉強している子の格差が生まれてきています。

受験をする子どものなかでも格差が出てきています。
国私立中学の中でも、難関校とそうでない学校に大きな差が生まれつつあるように感じます。
今まではそこまで感じなかったのですが、
その学校もが生き残るために、難関校を目指していく、そのためにただ闇雲に成績のいい生徒を求める。そんな印象です。学校の方が、塾以上に学力偏重なのです。
学校というのはただ勉強だけをするところではないはずです。
最近の国私立中学の説明会では「学力」以外の話をほとんど聞きません。
「公教育」を担っている学校がそれでいいのでしょうか?

私は子供たちのために、努力してきたつもりですが、
「本当にそうなのかな?」と疑問も感じてきます。
私自身が、そういう「受験の世界」に子供たちを追いやっているのではないかとも感じるのです。そう思うのはいい気分ではないですが…。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-30 20:50 | 塾の仕事を通じて

受験開始

今日が広島地区の中学受験の開始でした。
私も同僚と早朝激励に某共学校にいってきました。
昨年はかなり緊張した様子の見られる子がいたのですが
今年は一人の子を除くと緊張の様子もなく
付き添いのお母さんの方が
「子供に緊張のかけらもないので、かえって心配です。」
と言われていました。
現代っ子と言うことなんでしょうか?

問題の方は、昨年通りという感じです。
子供たちが今までやってきた問題にくらべれば問題ないと感じています。
とはいえ、問題を見ていると子供たちの苦戦している顔が浮かんできて
つい「大丈夫かなあ」と思ってしまいます。

今年はこの学校より難しい学校を受ける子が何人もいます。
ここでよい弾みを付けて、頑張ってほしいと思います。

入試の期間もたった一週間で終わりです。
3年間勉強してこの一週間で決まる訳ですから厳しいですよね。

そして、入試が終わるとこの学年も終わりとなります。
ずっと教えてきた子供たちだけに、それが寂しいですね。

特に今年の子供たちは、私が今の職場に来て、
受験の最初から教えてきた子供たちなので尚更です。

塾長も冗談で「もう一年6年生をやらせるか?」と言いますが
冗談じゃなくそうなってくれたらなあとも感じます。

ともあれ、みんなが良い結果が出せるように願うばかりです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-24 22:55 | 塾の仕事を通じて

順道制勝

広島地区の中学入試は、今年は1月24日から始まります。
これは地域の私立校の申し合わせで決まっていて
そのため広島市近郊で中学受験をする子供たちのほとんどはこの日が初日となります。

今日は21日。後三日で本番です。
今日はおそらく6年生にとっては最後となる塾内テストがありました。
1月に入ってからは、「塾のテストの結果については気にするな。」
と私は子供たちに言い続けてきたのですが、
今回だけは私の方が「なんとか最後にいい結果を出してほしい。」という思いでした。

テストの結果は子供によって良かったり悪かったりそれぞれですが、
何とかみんなそれぞれの志望校に手が届くところまで来たのではないかと少し安心しています。


中でも、努力の方向という記事で以前に書いた彼女が今回はとても頑張ってくれました。
彼女はご両親もちょっと心配なさったのか、受験の回数を増やしたいということで
広島の某女子校の山口県内での入試を前もって受験して合格したのです。
それで気持ちが楽になったのか、この最後のテストで自己最高点を取ってくれました。
本人もそのことはわかっていたらしくて、
私がそのことを話すと「家でも”最後だから一番いい結果を出そう”と家族で話をしていた。」と
嬉しそうに話してくれました。

子供たちのそれぞれにいろいろな思いを持って受験を迎えます。
もう私たちが出来るのは「応援」しかありませんが、
出来るだけのことはやったという思っています。
在り来たりの言葉ですが、一生懸命やれば結果はついてくるはず。

高校時代に、部活の顧問の先生に
「順道制勝」と言葉を教わりました。
”正しい道を着実に歩んできたものが、最後には勝利する。”
そんな意味だったはずです。

子供たちも、みんな「順道制勝」の言葉通りに
最後に勝利(合格)を手にしてほしいと思っています。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-21 21:48 | 塾の仕事を通じて

受験本番

明けましておめでとうございます。
といっても、もう1月も9日ですが
だんだんと更新が滞りがちになっていけませんね。

忙しかった冬期講習会も昨日で終了です。
これから受験本番。
6年生のなかには
広島県外の学校を受験する子供もいて
そういう子はもう受験が始まっています。

今まではずっと授業で比較的厳しいことをいってきたのですが
そろそろ、逆に子どもたちの緊張をほぐす時期になってきました。
もうほぼやるだけのことはやったという気持ちです。
(数人、まだ心配な子もいますが…。)

ここまでくると私たちのやるべきことはあまりありません。
後はしっかり体調管理をして、丁寧に復習をして、出来るだけ緊張をほぐして、
実力を十分に発揮してもらうだけです。

毎年の事ながら、この時期が一番落ち着きません。
一月後の今頃にはもう大体の学校の試験結果が出ていると思います。
何とか良い結果になればと願うばかりです。

一生懸命頑張ってきた子供ほど、
背負っている気持ちや重圧が重いはす。
出来ることなら、代わってやりたい。
毎年そう思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-09 23:08 | 塾の仕事を通じて

会話のキャッチボール

今日は某男子中学を受験する生徒のために、「CTテスト」の対策をしました。
「CTテスト」というのは「情報受容能力テスト」の略だそうですが、
要するに放送の指示に合わせて答えていく形式のテストです。

毎年思うのですが、
これはペーパーテストではわからないことがわかるいいテストだと感じます。
というのも、普段の授業で集中力がきれてしまうような子供がこれでよくわかるのです。
説明をきちんと聞いていない子、同じことを何度も聞き返すような子は
やっぱりこのテストでは低い得点になってしまいます。

会話のキャチボールとよく言いますが
どうもこのテストで得点できない子には
「一方的に自分だけが話そうとする。」子が多いように感じます。
人の話を聞くのが苦手だということなのかもしれませんね。

出題する学校の方も、
授業できちんと説明を聞いて理解できるかということを調べたいのでしょう。
やはり、きちんと説明を聞けないというのは実力を伸ばす上で大きな障害になります。
そう考えると、こういうテストを行うことや、きちんと人の話を聞く練習というのは大切ですよね。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-12-16 22:26 | 塾の仕事を通じて

実力を出すということ

六年生のこどもたちも受験まであと一ヶ月をすぎ
かなり緊張感も高くなってきました。
子供の中には緊張して不安になったり
受験をやめたくなったりという思いを感じる子もいるようです。
子供にもよるのですが、今の時期は発破をかけるよりも
励まして自信を持たせてやった方がいいのかもしれません。

昨日の授業の最後に子供たちに言ったのですが
今の時期には「実力を伸ばす」勉強はあまり効果がないように思います。
今の時期に必要なのは「持っている実力を出し切ること」ではないでしょうか。
そういうこともあって昨日の国語の時間では、比較的簡単な問題を大量に用意して
問題を解いていく演習をしました。
簡単な問題ですから、問題がわからなくて間違えるということは少ないはずです。
間違えるとしたら、問題の見落としや勘違い、記述ミスなど
いわゆる「うっかりミス」のはずです。
ですから、それをなくしていくことで、
入試本番で「出来たはず」の問題をなくしていこうというと考えたのです。

こういう勉強の仕方は、純粋な国語教育の趣旨とは違うかもしれません。
そう思うと多少の心の迷いもあるのですが
それでも今の子供たちに必要なことだとも思っています。
子供たちも頑張っています。
私たちも自分のやるべきことをしっかりやっていくだけです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-12-15 13:25 | 塾の仕事を通じて

過熱しすぎ

結局この11月は二回しか更新できませんでした。
「時間がない」というより、
気持ちの余裕がなかったと言う感じです。
子供たちへの指導もそうですし、
生徒の募集などでちょっと気持ちが疲れています。
何とか気分一新といきたいものです。

昨日のことですが、
6年生の授業で入試問題の演習をしていました。
使ったのは某近畿地方の中学の入試問題です。
全体的に基本ばかりの内容で難易度も高くありません。
私たちの塾の子供たちが受験する学校と比べると簡単な問題です。

子供たちに問題を解いてもらっている間に
この問題を見返していて、ふと
「これがみんなの学校の受験問題だったらいいのになあ…。」
とつぶやいたのですが、
それを子供たちが聞いていたらしく
異口同音にみんな「そうだよねえ」と賛成してくれました。
とはいえ、実際にそんないい話にはなりっこないので
「まあそうはいっても仕方ない。しっかり頑張ろう。」と話しました。

でも、その後の休憩時間にもう一度問題を見ていて
「小6の子どもならこれが出来ていたら十分じゃないか?」
という思いが込み上げてきました。
やっぱり中学受験って、
子供たちに必要以上の知識を要求する厳しいものだということを再認識しました。

今朝のワイドショーで、
少子化が原因で大学が廃校になってきているというニュースを見ました。
学校の方も生き残りに必死なのでしょう。
だから学校のイメージの為に必要以上に
ハイレベルなことを要求する部分があると思います。
人気のある学校に入ろうとすると
どうしても子どもに過酷なことを要求せざるを得ない状態です。

個人的な思いとしては
ある程度の力があることがわかれば
後は抽選などの方法をとればいいのではないかと感じるのです。
そうでないと際限なく問題が高度になっていくばかりです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-12-08 10:12 | 塾の仕事を通じて

定着させること

最近忙しい日々が続いています。
「何でこんなにいつも一杯一杯なのか?」
とボヤク始末。だんだん自分の仕事の能率が悪くなっているのかも…。

さて、6年生の中学受験は佳境に入ってきました。
もうすでに、全範囲を終了し、全体の復習に入っています。

そこで感じるのが、やはりまだ「定着していないな」
ということです。
9月からずっと毎週日曜のテストで全範囲のテストをしているのですが
その中には同じような問題が何度も出てきています。
でも大半の子供たちは、毎回初めて出てくるような問題のように感じるようです。
私が「この問題は第○回に同じような問題があったよね。」というと
「先生、何でそんなことまで覚えているの?」とびっくりされます。
毎回のテストはしっかり復習するようにと口が酸っぱくなるくらい言うのですが
やはり復習が足りないなと感じます。

きちんと習ったことを定着できるかどうかには
本人の意識がかなり影響があると思います。
要するに「身に付けよう」という気持ちがどれだけ強いかということです。
私が教えている子供たちには、教えて理解できないという子はいません。
理解したことを使えるか、あるいは覚えているかの問題なのです。

私たちの塾はビルの3階にあって、4階より上はマンションになっているのですが、
その上の階に住んでいる子が私たちの塾に通ってきています。
5年生なのですが、近いと言うことも合って授業の無い日でも質問に来ます。
彼は、日曜日のテストで100点が取れなくて、悔しくて泣いたことがあるそうです。
(お母さんから聞きました。)
実際とても良くできる子ですが、
出来ない問題があって悔し泣き出来るような子は
間違えた問題は決して忘れないはず。

この話を6年生にもしました。
6年生に「5年生を見習え」というのもどうかとは思ったのですが
「彼のように問題に取り組めば、どんどん力がつくはずだ。」
と話すとそれからは、より一生懸命頑張ってくれたように見えました。
この調子で、日々頑張って欲しいものです。

ほとんどの生徒は、来年1月24日が最初の受験日になります。
あと70日。もう「わずか」と言っても良いくらいの期間しかありません。
その中でもやれる限りのことをやっていきたいと思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-11-15 10:08 | 塾の仕事を通じて

責任転嫁

私はほぼ毎日仕事帰りに書店(または古本屋)に行くのが日課なのですが、
先日、「百ます計算」で有名な陰山英男先生の本を読む機会がありました。
(といっても、冒頭部分を立ち読みしただけなのですが、)
さすがに現場で実績を上げてこられただけあっていいことがかかれています。

私が読んだ部分だけなので恐縮ですが
小学校低学年の子どもは、「個人差」が大きく、
同じ内容を一律に教えても出来ない子もいる。
それは「今は出来ない」だけで
「学力がない」ということではないのだが、
そのままの状態で理解できないまま上の学年に上がってしまうことで
本当に「学力がない」状態になってしまう。
学習内容自体はあとからでも取り返せるが、
それ以上に本人が「勉強が出来ない(とされた)」
期間ですっかりやる気を無くしてしまっていることが
子どもの力を伸ばす一番の障壁になっている。
そんな内容でした。(覚えている限りですが…)

まさにおっしゃる通り。そう思いました。
陰山先生は、尾道市の土堂小学校の校長として素晴らしい成果を挙げられましたが
なるほどなと感じられます。

今、学校現場では問題山積です。
いじめ問題や履修不足問題などでいろいろ問題になっております。
先生方には陰山先生を是非見習って欲しいものです。

勿論、大半の現場の先生方は全力で一生懸命努力なさっていると思いますが、
先日ちょっと私からすると信じられないような話を耳にしました。

まず、私の勤務する塾の生徒の保護者の方から聞いた話ですが
その生徒の通う小学校の教頭先生が、保護者を前にして
「塾に行っている生徒とそうでない生徒の学力の差があり過ぎる。
今、塾に行っていない方は状況が許すのなら塾に行って欲しい。」
という趣旨の発言をしたそうなのです。
さらに、「今うちに来ているこどもたちの学力が伸びないのは
広島市が私たちが希望していた教科書を採択しなかったからだ。」
とも発言しているそうなのです。
伝聞なので、はっきりとしたニュアンスなどが分からないのですが
もしこの文面通りの発言をしたのなら責任放棄も甚だしいものです。
「自分たちの学校では、学力は伸ばせない」
と自らさじを投げてしまうわけですから…。

また、この週末に開かれた某国立中学校の入学説明会でこんな発言があったそうです。
「私たちの学校の生徒の学力が低いと言われているがそれは家庭の責任です。」
これは恐らくこの学校の附属の小学校の生徒のことだと思いますが、
この附属の小学校には、
いわゆる「お受験」をして入学をしている子供たちが集まっているのです。
少なくとも入学時に学力が低いということはないですし、
保護者の教育に対する熱意が(公立小に比べて)低いとも思えません。

この付属小の子どもは数人私たちの塾にも来ています。
その中で
今年の春、付属小に通い付属中への内部進学を希望していた子どもが不合格になりました。
例年通りであれば、彼女の学力ならば問題なく内部進学出来たはずですが、
学校が予告なく合格ラインを挙げた為に不合格になったのです。
彼女だけでなく、内部進学を希望していた子どもの大半が不合格になったそうです。
その理由なのですが、
「付属小から付属中に上がってくる生徒の学力が低過ぎるから。(校長の発言)」
というものだそうです。(これは彼女のお母さんから聞きました。)

無責任な話です。
6年間も指導しているのです。
それでもし本当に学力が低いのなら、
それは学校の責任のはず。

6年間も教えてきた子供たちを、
「学力が低いから」と放り出す学校の神経が理解できません。
この学校は小学校でありながら、
高学年になるとほとんど中学に近い内容を教え、
社会科では所々高校範囲の内容まで取り入れていることもあるのです。
そんなことまでしておいて、「学力が低い」と簡単に言えるなんて本当におかしい。
本当に理解できません。自分たちの責任だという意識がないのですから。
本当にそう思うのなら、もっと基礎的な内容をすればいいのですから…。

私も端くれながら、子供たちの学習指導を行っている者として
こういう人たちがいることに怒りを覚えます。
失礼な表現かもしれませんが
今回紹介した学校の先生達は、
恐らく勉強の出来る子ども達にだけ授業がしたいのでしょう。
そしてその子達が、自分の力で学力を伸ばしているのを
「指導力がある」と錯覚しているのではないでしょうか? 
授業はできるけど指導はできない。
本当の意味での指導力は無いのです。そう思わざるを得ません。

私は日ごろから「学校の先生より下手だったらこの仕事を辞める。」と思っています。
実際にそう発言したこともあります。
これは自慢をしたいと言うことではなく責任なのです。
自分が預かった子供たちに学校以上の学習指導が出来なかったら塾の意味がない。
これは塾の指導者としての最低限の責任です。

以前、同じ教材で同じ単元を指導しても
毎年同じ指導内容にはならないと記事に書いたことがあります。
子どもが違うからそれが当然です。
自分が工夫して「今の子どもに合うものを」と考えて内容を変えるのです。
子どもの成績の善し悪しは自分の責任だと思っていますし、
自分が頑張れば子どもの力は伸びると思っています。
その責任は絶対に放棄しません。

塾の経営からすると
学校の先生の指導力が低くて、
子供たちがこぞって塾に来てくれれば万万歳ですが、
単純にそう喜べない心境です。

「学校の先生ももっと頑張ってくれよ!」と思うと同時に
「自分の娘が行く学校がこんな所だったらどうしよう。」
とも感じます。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-11-02 00:46 | 塾の仕事を通じて

明るい兆し

最近の記事は、どうも前向きでない話が多かったのですが
今回少し前向きな話を

やっとというかそろそろ
子供たちの中に「目的意識」が芽生えてきたように感じてきました。
といっても、まだ一部の子どもですが…。

今まではただ「わからない、できない。」というだけだったのが
だんだんと「自分は○○が苦手だからこういうことをやりたい。」などと
かなり具体的にいってきてくれた生徒がいたのが嬉しかったです。

勉強は自分の力をつける為にやる。
これは当たり前だと思うのですが、
やっと自分で考えて何とかしていこうという気持ちの子が出てきた。
いい雰囲気になってきました。

これをクラス全体に広げていきたいです。
最近ちょっと小6の子供たちをどう指導していくか
結構悩んでいたのですが、ちょっと私自身明るい気持ちになってきました。
引き続き頑張ります。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-10-29 23:19 | 塾の仕事を通じて