<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

杉原千畝氏について

昨年10月に放送されたTVドラマ
「六千人の命のビザ〜杉原千畝物語〜」を
今日見ました。

杉原千畝氏は私が一番尊敬している人物で
高校生の時、彼の伝記「六千人の命のビザ(杉原氏の奥様が書かれた本です。)」を読んで、「外交官になりたい」と思ったものです。

以前も記事に少しだけ書いたことがありますが、
当然ながら外交官にはなれず、今は塾講師をしているわけですが、
今になって改めてドラマを見ると、高校生の時の感動が蘇ってくるようでした。

アメリカに「SAVATAGE」というロックバンドがいます。
彼らは杉原氏をとても尊敬していて、
彼について「CHANCE」という曲を作っています。
インタビューでも「彼は僕たちのヒーローだ」と語っています。

でも彼は普通の人間で
短距離走の世界記録を作ったり
野球で物凄いHRを打ったり
そんなヒーローではないのです。

私が彼を尊敬するのは
彼がごく普通の人間で
多分気持ちさえあれば誰でも出来る、
でも非常に覚悟と決意の必要なことを決断し、実行したことなのです。
どんな人でもその立場にあれば実行可能で、
でも恐らくみんな決して実行しない(できない)ことを彼は実行したのです。

外交官という立場にある人間が国益に反して
独断で政治的判断をしたことに対する批判は当然あるでしょうが、
だからこそ、彼は数日間悩み続けたのです。
人間の命の重さと国益を守ることの間で悩んで
「国益に反しても、ユダヤ人達の命を救う」という判断をした彼は正しいと思うし、
そんな人物が日本にいたことを日本人として誇りに思います。

先程の「SAVATAGE」もそうですし、
彼に救われてイスラエルで暮らしている多くの人々
さらに彼がビザを書き続けたリトアニアでは、
彼が領事として滞在していた建物を保存しようと活動している方々がいます。
海外では彼は「六千人のユダヤ人を救った日本人」として広く認知されているのに
日本では全く知られていません。
彼は教科書に載っても良いくらいの人物だと思うのですが…。

私も戦後の教育を受けてきた世代ですから
学校教育の中で戦前を否定するような歴史教育を受けてきたように思います。
日本が無謀な戦争をし、侵略行為で多くの国の人々を不幸にしてきたことは事実として認めないといけません。
ですが、それと同時に日本が世界に誇るべき人物が多くいるということを子供たちにもっと伝えるべきだと思うのです。

杉原氏だけでなく、明治時代の「エルトゥールル号」の事件や
現在も活躍されている緒方貞子さんなど、世界に日本が誇るべき人や出来事も多くあることを私はそのほとんど大人になってから知ったのです。

杉原氏の伝記を読んで「外交官になりたい」と思ったのですが、
その前から、私はずっと「海外に行きたい、海外で暮らしたい。」と思っていました。
それは「日本なんてつまらない国だ」と当時思っていたからです。
今この仕事に就いて、今私が教えている子供たちを見ていると
少なからずそういう思いを抱いている子供がいるのではないかと感じます。
それは子供たちのせいではなく、それを教えてこなかった大人の責任だと思います。

私自身が、社会科という科目を扱いながら、成績を上げることばかり気にして
子供たちに「伝えるべきこと」を伝えていない。
そのことに対して、恥ずかしさと自己嫌悪を感じます。

日本という国が出来てから、長い歴史の中でずっと
数え切れないほど多くの人が「日本」を様々な苦心を繰り返して作ってきた。
その上で今の私たちがある。
そのことをこのドラマを見て感じました。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-07-09 02:15 | 未分類

年金ってホントに大丈夫?

今日の午後、出勤前に昼のワイドショーを見ていたのですが、
年金の特集を見て、本当に大丈夫か?って不安になりました。

社会保険庁がいい加減な役所だというのはよく知っていますが、
今回の特集もひどかった。

⑴ある人が年金の納付状況を調べたら、2年間未納期間があるという
その人は確実に納付したという自信があったので抗議すると
「その期間の台帳がないから確認できない。」という。
だから納付したという領収書をもってこいという。
昭和24年から25年の二年間です。領収なんてあるはずない。
しかも、台帳がないのは「火事で焼けたから」とウソの説明をしているのです。

⑵また他の主婦は、「年金の未納分を納めないと保険証を出さない。」といわれて
未納分を納めたそうです。しかし。そのとき領収書を求めたのに断られ、しかも、その後未納分が
未納のままになっていたことがわかったそうです。抗議したら、領収書がないのだから
払ったと証明できないというのです。結局この方は泣き寝入りになってしまったそうです。

ひどい話です。
「台帳に記録がないから、納付を証明できない」
といわれたら私のように源泉徴収で引き落としになっている人間は
どうやって自分が保険料を納めたことを証明できるのでしょうか?
しかもその台帳の管理がいい加減極まりないのです。

⑴の方は、何と昭和24年から25年の給与明細をもっておられたのです。
それでも、「会社があなたの給与から引いていても、会社が保険料を払っていないかもしれない。」
といわれたそうです。

極端な話をいえば、職員が台帳に火をつけて焼いてしまったら、
「台帳がないから確認できない。」ということで、
焼けた台帳に載っていた人の年金は払わなくて良くなるということになってしまいます。
「そんないい加減な話があるか」と思うのですが、
そんな非常識なことがまかり通る役所だということですよね。
民間企業なら完全に詐欺です。

この役所の職員がみんな悪意をもってそういう仕事をしているとは思いません。
むしろ、いい加減な仕事をしているのにそれが普通だと思いこんで、
一生懸命「いい加減な仕事」に励んでいるのでしょう。
いわゆる「分母対策」などというものをニュースで見るとつくづくそう感じます。
「自分たちは必死で働いている」と抗議をして退職した幹部職員までいるわけですから、
私たちとの考え方のずれは相当なものです。

以前、「住民基本台帳ネットワーク」の法案を作るときに、
個人情報の開示について、公務員の罰則がないことについて
当時の福田官房長官が、
「公務員が悪いことをするわけがないから、罰則がないのだ。」
というような発言をして、物議を醸しましたが、
こういうところが、意識のずれなのですよね。
私の意識からすると、
「公務員だから、何かいい加減なことをやってるんじゃないか?」と思うのですが…。

学生時代に年金が払えなくて、「免除」の手続きをしました。
「免除」ですから、「払わなくていい」のだと思っていたのですが、
いつぞやの「年金未納問題」の時の報道で
「後で払わなくてはいけなかった。」ということを知りました。
「免除」と書類に書いていても実際は「猶予」なのだというのです。
でも、今までにそういう説明を全く受けていません。
多くの政治家が「年金未納」を指摘されて、辞職に追い込まれたりしましたが
「年金未納問題」の時、私のように知らないまんまに未納になっていた人もかなりいるはずです。

最近のニュースでは、かつて与党が約束した「現役時代の年収の50%」の年金給付額も、
このままだと守れないのが確実なようです。

守れないのに約束して、
結論が出せないと先送りして、
どうにもならなくなると責任を国民に押しつけるのが
公務員の常套手段。
これなら「年金なんか払うもんか」と思う人がいるのも当然。

ホントに年金もらえるのかな?
と真剣に不安です。
年金払わずに自分で貯めた方がいいかもしれないと本気で思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2006-07-05 00:01 | 未分類