<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

合格発表

昨日で、広島市近郊の入試もほぼ(多少残っていますが)終わりました。

今日からは打って変わって、合格発表です。
私たちの塾では、入試結果をこちらから聞くことはあまりしません。
もちろん、ものすごく知りたいのですが、
連絡のない子については、大抵は少し時間を置いてから聞いてみるようにしています。

今年の入試結果ですが、感想として「だんだん難しくなっている」と感じます。
今年は例年以上に力を持っている子が多く、期待していたのですが、
例年なら合格確実の子が、不合格であったり、補欠合格であったりしています。
おそらく、広大附属中の抽選がなくなった影響が、各私立中で出ていたのではないかと思います。とにかくどこの学校を見ても、これまでより合格者数が少ないのです。
「厳しい」と感じます。

全国的な傾向として、「中学入試」が加熱し、受験者が増えているという報道がありますが、
実際にそれは感じます。

私たちの子供の頃は、「クラスで一人」くらい受験する程度だったと思うのですが、
最近では、多いところで「クラスの半分」が受験するという所もあります。
すでに、中学受験が限られた一部の子どもだけのものではなくなっているのは事実です。

その分、受験で合格していくのが難しくなっているのではないでしょうか?

少子化も進んできて、各学校が限られた「成績のいい子」を奪い合っている現状を感じます。
そのために、国私立中学が要求する内容を必死で勉強する子と公立小の簡単になった今の教科書だけで勉強している子の格差が生まれてきています。

受験をする子どものなかでも格差が出てきています。
国私立中学の中でも、難関校とそうでない学校に大きな差が生まれつつあるように感じます。
今まではそこまで感じなかったのですが、
その学校もが生き残るために、難関校を目指していく、そのためにただ闇雲に成績のいい生徒を求める。そんな印象です。学校の方が、塾以上に学力偏重なのです。
学校というのはただ勉強だけをするところではないはずです。
最近の国私立中学の説明会では「学力」以外の話をほとんど聞きません。
「公教育」を担っている学校がそれでいいのでしょうか?

私は子供たちのために、努力してきたつもりですが、
「本当にそうなのかな?」と疑問も感じてきます。
私自身が、そういう「受験の世界」に子供たちを追いやっているのではないかとも感じるのです。そう思うのはいい気分ではないですが…。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-30 20:50 | 塾の仕事を通じて

受験開始

今日が広島地区の中学受験の開始でした。
私も同僚と早朝激励に某共学校にいってきました。
昨年はかなり緊張した様子の見られる子がいたのですが
今年は一人の子を除くと緊張の様子もなく
付き添いのお母さんの方が
「子供に緊張のかけらもないので、かえって心配です。」
と言われていました。
現代っ子と言うことなんでしょうか?

問題の方は、昨年通りという感じです。
子供たちが今までやってきた問題にくらべれば問題ないと感じています。
とはいえ、問題を見ていると子供たちの苦戦している顔が浮かんできて
つい「大丈夫かなあ」と思ってしまいます。

今年はこの学校より難しい学校を受ける子が何人もいます。
ここでよい弾みを付けて、頑張ってほしいと思います。

入試の期間もたった一週間で終わりです。
3年間勉強してこの一週間で決まる訳ですから厳しいですよね。

そして、入試が終わるとこの学年も終わりとなります。
ずっと教えてきた子供たちだけに、それが寂しいですね。

特に今年の子供たちは、私が今の職場に来て、
受験の最初から教えてきた子供たちなので尚更です。

塾長も冗談で「もう一年6年生をやらせるか?」と言いますが
冗談じゃなくそうなってくれたらなあとも感じます。

ともあれ、みんなが良い結果が出せるように願うばかりです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-24 22:55 | 塾の仕事を通じて

順道制勝

広島地区の中学入試は、今年は1月24日から始まります。
これは地域の私立校の申し合わせで決まっていて
そのため広島市近郊で中学受験をする子供たちのほとんどはこの日が初日となります。

今日は21日。後三日で本番です。
今日はおそらく6年生にとっては最後となる塾内テストがありました。
1月に入ってからは、「塾のテストの結果については気にするな。」
と私は子供たちに言い続けてきたのですが、
今回だけは私の方が「なんとか最後にいい結果を出してほしい。」という思いでした。

テストの結果は子供によって良かったり悪かったりそれぞれですが、
何とかみんなそれぞれの志望校に手が届くところまで来たのではないかと少し安心しています。


中でも、努力の方向という記事で以前に書いた彼女が今回はとても頑張ってくれました。
彼女はご両親もちょっと心配なさったのか、受験の回数を増やしたいということで
広島の某女子校の山口県内での入試を前もって受験して合格したのです。
それで気持ちが楽になったのか、この最後のテストで自己最高点を取ってくれました。
本人もそのことはわかっていたらしくて、
私がそのことを話すと「家でも”最後だから一番いい結果を出そう”と家族で話をしていた。」と
嬉しそうに話してくれました。

子供たちのそれぞれにいろいろな思いを持って受験を迎えます。
もう私たちが出来るのは「応援」しかありませんが、
出来るだけのことはやったという思っています。
在り来たりの言葉ですが、一生懸命やれば結果はついてくるはず。

高校時代に、部活の顧問の先生に
「順道制勝」と言葉を教わりました。
”正しい道を着実に歩んできたものが、最後には勝利する。”
そんな意味だったはずです。

子供たちも、みんな「順道制勝」の言葉通りに
最後に勝利(合格)を手にしてほしいと思っています。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-21 21:48 | 塾の仕事を通じて

受験本番

明けましておめでとうございます。
といっても、もう1月も9日ですが
だんだんと更新が滞りがちになっていけませんね。

忙しかった冬期講習会も昨日で終了です。
これから受験本番。
6年生のなかには
広島県外の学校を受験する子供もいて
そういう子はもう受験が始まっています。

今まではずっと授業で比較的厳しいことをいってきたのですが
そろそろ、逆に子どもたちの緊張をほぐす時期になってきました。
もうほぼやるだけのことはやったという気持ちです。
(数人、まだ心配な子もいますが…。)

ここまでくると私たちのやるべきことはあまりありません。
後はしっかり体調管理をして、丁寧に復習をして、出来るだけ緊張をほぐして、
実力を十分に発揮してもらうだけです。

毎年の事ながら、この時期が一番落ち着きません。
一月後の今頃にはもう大体の学校の試験結果が出ていると思います。
何とか良い結果になればと願うばかりです。

一生懸命頑張ってきた子供ほど、
背負っている気持ちや重圧が重いはす。
出来ることなら、代わってやりたい。
毎年そう思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-01-09 23:08 | 塾の仕事を通じて