<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロッキー・ザ・ファイナル

f0003933_1229186.jpg
「ロッキー・ザ・ファイナル」を見てきました。
いつもは映画評をみて見に行く映画を決めるのですが
この映画だけはどんな批評であっても絶対見に行くと決めていました。

「ロッキーのシリーズが好きだ。」という私のような人間には
最高の完結編でした。全く文句なしです。
スタローンがどれほどの思いでこの作品を作ったかは、作品を見ていると
本当に良くわかります。もう還暦だとはとても思えません。
文字通り魂を削って作った作品です。
今「尊敬する人は?」と聞かれたら、間違いなく「スタローン」と答えます。
(映画評論家の前田有一さんのサイト
に詳しく紹介されています。ご参考にどうぞ)

不可能に果敢に挑んで、それを克服するというロッキーの生き方には
次代を超えたものがあるんだなと実感。

ボクシングファンで毎週WOWOWエキサイトマッチを見ているだけに
現実にこんなボクシングの試合があり得ないということはわかっているけれど

スタローン自身がこの作品でアメリカンドリームを掴んだ事実があるだけに
どうも「ロッキー=スタローン」という気持ちになってしまって
限りなく本当の物語のように思えてしまうのです。

私は一番最初の「ロッキー」が製作されたときは3歳でした。
だからリアルタイムで「ロッキー」を見ていないのですが
おそらく当時「ロッキー」をみた人はこういう感動を味わったんだろうと
この作品をみて感じます。

そして、そういう人にはこの作品は私以上に「最高の作品だ」と感じると思います。

実は私は14日夜の先行上映で見たのですが
観客は10人くらい。年配の人が多かったです。
スタローンが渾身を込めて作った作品にしては寂しい限りですが、
上映後、どの人も満足そうな表情を浮かべていました。他の人たちも「とても良かった」と私と同じ感想を持ったのだろうと思うと
何だか気持ちを共有できたようで、さらに嬉しく感じました。
これが映画館で映画を見る醍醐味ですよね。
中には「本当に良かった!!」とスタッフの人に熱弁を振るっている人もいましたよ。

ロッキーのシリーズのファンなら間違いなく楽しめます。
シリーズを見ていない人は一作目は見ておいた方がいいと思います。

今日20日から公開です。連休におすすめです。
私も是非連休にもう一度見に行きたいと思っています。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-04-20 12:29 | 日常の出来事

立場

今日のニュースで、今話題の東国原宮崎県知事が、
定例記者会見について「本当に必要なのか?」と
記者たちと激しいやり取りをしているのを見ました。

テレビでやっていた断片的な遣り取りを見ただけですが
少なくとも放送した範囲を見た感じでは
知事のいうことに一理あるんじゃないかと思いました。

記者たちがいっていることは簡潔にいえば
自分たちが持っている権利を守りたいということのように感じます。
「自分たちは県民を代表して質問している。」といいつつ
その質問をカットして掲載する。
「質問の答を全て掲載するのか?」といえば
「報道機関の編集権を軽視している」と答える。
今までそうだったから、それを今まで通り続けたい。
そのための理由をせっせと考えたという印象です。
知事のいうことの全てが正しいなどと全く思いませんが、
それでも「宮崎は変わらないといけない」という知事の訴えに
記者たちは「前例重視」という古い考えでのぞんでいるのだなと感じます。

と、ここまで記者の側の姿勢を批判したのですが、
一方で自分が当の記者立場なら同じ行動をとるだろうなとも感じます。
記者の方の立場ではやはりああするしかなかったのだろうとも感じます。


話は変わりますが、ちょっと前に教育再生会議で
議長(違うかもしれません)のノーベル賞をとった野依教授が
「塾をなくそう」と意見を展開したそうです。
勉強をするには学校があればいい。学校がしっかりしていたら、塾はいらない。
だから、塾を禁止しよう。
そういう趣旨だったと記憶しています。

結局他の委員が反対したので、総理への報告書には盛り込まれなかったそうですが、
その記事を目にしたとき
「何いってるんだ。塾をなくすなんて論外だ。」と思いました。

そのときはそう思ったのですが、
今振り返ってみると、
もし自分が学校の教員だったら、その意見に賛成していたかもしれません。
「学校で勉強しているのに、塾でまでやる必要は無い」と思ったと思います。

今の自分は、塾をなくすという野依教授の意見に対する反論をいくつでも用意できます。そのどれも正しいと自分で思っていますが、
正直に言って「塾がないと、仕事がなくなって困る」
という思いで反論するという部分も間違いなくあります。

よく改革を行うときに「総論賛成、各論反対」という形になることが多いのだと、記事などで目にしますが、そうなるのもよくわかります。

私だって「改革のために塾をなくそう。」といわれたら、
改革そのものが正しいとしても全力で阻止しようとするはずです。

人それぞれ立場がある。その立場の数だけ正しいことがあって
それをまとめないといけない。

そう考えると政治家って大変だと思います。
だからといって不正をする政治家は論外ですが…。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-04-18 00:33 | ニュースについて

入学式

今日は近郊の中学の入学式でした。
私たちの塾を卒業した子どもたちが数人
塾に制服姿を見せに来てくれました。

ほんの2ヶ月前までは一緒に勉強していたのですが、
こうして制服姿をみるととてもおとなびていて
とても小学生に見えません。(中学生になったのだから当然ですが…)

少しずつみんな大人になっていくんだなあ
と毎年ながらの感想を持ちました。

特に男子は、
もう1年もするとあっさりの私の背丈を抜かして
私を見下ろすようになるんでしょう。
複雑な心境です。

でも、こうして卒業した子どもが来てくれるのはとても嬉しいです。
他の子どもたちにも是非顔を見せてほしいものです。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-04-07 22:24 | 塾の仕事を通じて

Visor Delux

f0003933_17411164.jpg

ヤフーのオークションで購入しました。
今まで職場と自宅のパソコンのOSの違いで
スケジュール表やアドレスの同期に困っていたのですが
これで一気に解決です。

いろいろ使ってみると
かなりカスタマイズが出来ることがわかって
いろいろいじくってみるのが楽しみです。

これで2200円は格安。
いい買い物をしたと思います。
[PR]
by soul_doctor2005 | 2007-04-03 17:41 | 日常の出来事